スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀上達について2

皆様こんにちは。
masasioです。

早速前回の続きを…

前回は今の成績だと天鳳位はおろか十段にもなれないということが分かりました。

そんなの最初から分かってるって?

まあ確かに薄々は気付いていましたけどねw

ただ、どれ位の難易度なのかは確認しておいて損はないと思います。

例えば、七段→天鳳位が10%位あるなら、そこまで上達について悩む必要は無いと思います。

特に今までと大きくフォームを変えたりするのは逆効果で、かえって成績を悪化させかねません。

シミュレートしてみて、ある程度到達出来そうなら無理に変えずに、精度を上げるとか、打数たくさん打って試行回数増やすとか、そういったアプローチの方が上手くいく気がします。

今回自分の成績でシミュレートしてみて、改めて大きな改善が必要という結論を出したわけです。

まあ最初から分かってたけどな!


閑話休題

みなさんドラクエのレベル上げってお好きですか?

私はあまり好きじゃなかったんですよね。
特にボス戦の前とかのレベル上げ。

あれが嫌でしたね。

レベル上げずに勝てる方法を模索したものです。

麻雀は数少ない、レベル上げでも楽しいゲームですよね。



さてここからが本題です。

じゃあどうやったら強くなれるのか。

これはですねぇ…

ひたすら打って、修正

これしか無いと思います。

え、何それ?って感じですけどそれしかないもんはしゃーない。

どうしても修正点が分からない場合は、明らかに自分よりも成績が良い人に牌譜を見てもらって、修正点を指摘してもらうのも良いかも知れません。

ただ、あくまで修正するのは自分です。

強い人にいくら教えてもらっても、同じように打つのは不可能です。

例えるなら、そうだなあ…

すごくモテる人がいるとします。
見た目もそんなにイケてないし、なんなら自分のほうがカッコイイまである。

服も地味だし、特に会話が面白いわけでもない。

でもモテる。

そこで聞くわけです「なんでモテるの?」

多分こう答えるでしょう。
「いや、そんなにモテテるか?普通だよ、もっとモテてる人いるじゃん。別に特別な事してないよ」

「いや、モテてるよ!ちょっと俺のダメなとこ教えてよ。」

まあこういう状態ですよね。

もし、このモテてる人は女兄弟に囲まれて育ったとしたら…

この教えを請うている人が、男兄弟ばかりだとしたら…

多分一生モテる極意は得られないでしょうね。

それよりも、自分と同じように男兄弟ばっかで全然モテなかったけど、気がついたら彼女出来てたーみたいな人から話を聞いた方が100倍タメなると思います。

麻雀もいっしょですね。

もちろん強い人の意見を聞いて参考にするのはとても良いと思います。

ただ、教えてもらった事を自分のものにするっていうのは想像以上に難しいですよね?って話でした。


次回はじゃあmasasioはどこを修正するの?について。

さあいよいよ方向性が分からなくなって参りましたw

今回はこの辺で!!








麻雀上達について1

皆様こんばんは。
masasioです。

昨日自戦記書いていたのですが、寝落ちしてしまい、保存できていませんでした…

ざけんな!

というわけで、今日は麻雀の上達方法について。

前回鳳凰卓500戦の記事でも書きましたが、鳳凰卓での成績を見るに、ざっくり真ん中らへんだと思います。

もちろん今が超絶確変中かもしれませんし、絶不調かもしれませんが、ついてた時もあれば、そうでない時もあり、普通かなって感じですかね。

「よく◯◯戦はやらないと正確な実力は分からない」なーんていいますし、実際その通りなんでしょうけど、個人的には500戦もすればだいたいの傾向くらいは分かる気がします。

例えば、私の成績だと、上から

28ー22ー24ー26

みたいな分布です。

平均順位は2.48
安定段位は7.1段

こんな成績の人は、いくらついてもついてなくても、同じように打って行けば次の600戦も似たような分布になるでしょう。

例えば平均順位で2.4切ることは多分1%もないのでは?

逆に平均順位が2.6超えてしまうようなこともあまりなさそうです。

ラス率についても、24%台くらいまでは下がるがもしれませんが、24%切るのはほぼないでしょう。

つまり私の成績≒実力といって差し支えないとおもいます。

やはり実際に麻雀打ってると、とても上手くいくことが続くこともあり、そうすると、「俺もちゃんと打てば勝てるんじゃ…」という勘違いも起こってしまうので、意識的に客観的に見るようにはしています。

と、考えると今の私の実力だと、天鳳位はおろか十段、いや九段すらも怪しいと分かるわけです。

正直始める前は、「九段にはタッチ出来るかな?」
「平均すれば八段から九段くらいだろうかな」

くらいの認識でした。

トップ集団にはなれないだろうけど二番手集団くらいにはなんとか入りたいなと、希望も込みで考えていたのですが、実際には真ん中集団ということで、イメージと差があり、困っているところです笑

今のままのイメージだと、

6段 4割くらい落ちる
8段 6割くらい上がれる
9段 5%くらい上がれる
10段 無理
天鳳 無理

こーんなイメージです。

実際シミュレーションしてみると…
(なめとんブログ様参照)

6段 42.8%
8段 57.2%

まあここまでは分かります。
ちなみにポイント原点からシミュレーションしてるので、実際には今1700ptほどあるので昇段は7割くらいあります。

問題はここから。
9段 12%
10段 0.7%
天鳳 0.006%

おお、予想とほぼ変わらん。
俺の数字感覚もなかなか捨てたもんじゃないな。

9段までは試行回数でなんとか突破できそうです。

10%っていうのがギリギリ最低ラインでしょう。
それ以下だとさすがに運頼み過ぎて、試行回数と言ってもカバーしきれなくなります。

九段アタックして10回に1回は九段。残りは七段落ち。
落ちてから6割は八段に上がれる…

そんな感じですかね。

もちろん天鳳位にもなれます。0.006%でね。まあ、こんなのは0といっしょ。

先ほども書いた通り10%位の成功確率ならチャレンジする価値があると思います。

7月終了時点で掲げた目標の順位分布

26ー26ー25ー23

で計算してみると…

6段 13%
8段 87%
9段 49%
10段 11%
天鳳 1%

うむ。

10段にはタッチ出来そうかな。

とりあえず10段になれれば、天鳳位チャンスもあるという認識でいいとは思います。

目標…というか希望はこの順位分布。

しかし、今の順位分布から打ち方を変えるだけではおそらくこの順位分布にはならないと思います。

理由は、今までも当然ラス回避は意識してきているからです。
確かに、7段配分だとラス回避にこだわるよりも普通に平均順位上げていけば昇段出来るポイント配分になっているので、トップ重視で行こうと思ってはいました。

しかし、だからといって、ラス率25%越えは異常だし、トップも28%うーん。
高いといえば高いけどなあ…

というわけで、打ち方を変えるとは言ったものの、このままではそこまで改善は見込めないような気もするわけです。

そこで今よりも上達しなければならないわけで、実際どうやれば強くなれるかについての考えを書こうと思いました。


…が

案の定長くなったので次回に書きます^_^

今回は導入ってことで。

今回はこの辺で!!







牌譜を見直す意味は?

皆様こんばんは。
masasioです。

学生の方はそろそろ夏休みでしょうか?
お仕事の方は「そんなの関係ねぇ!」ってことでお互い頑張りましょう^_^

私?月末が近付き、営業の数字に追われております…

さっそく本題。

私は今まで、自分の牌譜を見直したりとか全くしなかったんです。

一つは単純に面倒。
趣味でやってることなので、打って楽しければいいやー的な考えです。

もう一つは、何を見たらええのん?ってことです。

「いや、相手の待ちとか、山に残ってる牌とか、色々あるでしょ?」

まあそうなんですけどね。

それ見ても何も分からんと思うんですよね。
結果はたまたまなので、その時の打牌が正しかったのか、悪かったのかそれすら分からないですから。

なんぼ山に残っててもたまたま。
なんぼ放銃してもたまたま。

ともいえるんですよね。

ほぼ同じ理由で、他人の観戦もあまりしません。

有名な人が打っていたら覗いてみる。程度のもんです。


じゃあなんでこんなブログまで作って振り返ってるの?ってことなんですが、やっぱり振り返って初めて分かることもあるんですね。

もちろん振り返るときは、相手の手牌は伏せていますよ。

例えば



この時上家がピンズをメンツ落としだっていうのが見えて無いんです。
メンツ落としならドラは1枚ですよね。赤もない可能性が高いです。

これは振り返ってる時に「ありゃ、これメンツ落としやん。」って気付いたんです。

打ってる最中にそこまで気付けば打牌もかわったかもしれません。
今回は大勢に影響なかったですけど、もっと得したり、損を回避できたりすることもあると思います。

もう一つ例



これも打ってるときは、2sチーで打1sてなんだろ、トイツ落としかな?で止まっていました。

見直すと12234という形がすぐ浮かびました。もちろん他のケースもありますのでこの形が正解じゃあないです。

ぱっと色んな形が浮かばなかったのが問題なんですよね。

そもそもなぜトイツ落としかと思ったかというと、ごく単純に考えると134とあったことになります。
これはさすがに変です。

じゃあどうなってるか。
1346?

でもこれは8切ってますから可能性は低い。

実際にはこの辺でよーわからんからトイツ落としなら辻褄合うわーみたいな感じでした。

後で見れば、「こういう形もあり得るなー」というのが分かるわけですから実際に打っている時にも分かるはずです。

『後から見直してわかることは、実際打ってる時にもわかるようにしよう。』

っていうのが一番気にしてることです。
確かに成績にはさほど影響しないとは思うんですけど、押し引きを振り返っても、何度も言いますけど、分からんのです笑

ですのでこうして振り返ることで他の方に見ていただき、自分ならこうだよというご意見をいただきたいのです。

今コメントしていただいているイチロー様には大変感謝しています。
だって自分で考えてもわからないですもん。もちろん他の人の意見が正解だとも思ってないです。
ただ、参考にはなりますよね。

と、いうわけでチラッとでもご覧頂いた方は是非ご意見ご感想をいただければと思います!!

次回は振り返りのデメリットについて書きたいと思います。

今回はこの辺で!!


麻雀で大事なのは押し引き?捨牌読み?

ZEROさんに紹介していただきましたー
ありがとうございます!!

http://zero2014.blog.fc2.com
リンクの貼り方分からないので後で直します。

なるほど強敵と書いて「とも」ですか。
今後ともよろしくお願いします。

早速本題。

押し引きとか捨牌読みとかの前に、麻雀ってどんなゲームなんでしょうね。

運?実力?とかもよく耳にしますよね。

自分で決められる部分が実力
自分では決められない部分が運

こんな感じですね。

実力の部分は以外と少なくて、

•何切る
•何鳴く(どう鳴く)
•リーチorダマ
•どう切る(そーっととか強打とか)

一番下のはどーでもいいけどね。
天鳳なら時間かけて切ってオリたように見せるとかね。
成績にそんなに影響しないでしょ。

というわけで、この4つの選択の精度を上げるのが麻雀の実力向上というわけですね。

成績に影響を及ぼす割合としては、

何切る≧何鳴く>>>リーチorダマ

だと思ってます。
鳴きはかなり大事です。

「あれ?押し引きとか捨牌読み、山読みなんて言葉がありませんね?」

そうです。

ここからが本題の本題。


『押し引き』ってなんでしょう??

実は私はこの命題に対する答えをずっと探していまして…
どなたかズバッと教えて頂ける方はいらっしゃいますか?

ところで、

私はずっとフリー雀荘で麻雀を打ってきました。
たくさんの「強い」と言われる人と打って来ましたが、イマイチピンと来ませんでした。
今思えば当然なのですが

ーー同卓してもその人がどんな選択しているかわからない。

ーーもし後ろで見たとしてもその打牌が正しいかわからない。

ーー自分と違う選択をすると下手に見えてしまう。

などの理由からですね。

で、そういう人に聞くわけです。
なぜ強いかは分からないですが、勝ってる=強いですから。

そうすると、やれ「押し引きがね」「あの人は押し引きが」のオンパレード。

正直よくわからなかったです。
どういう時に押してどういう時に引くか。その人の押し引きの何が優れているのか。

フリー雀荘だといろんな雀力の方がいらっしゃいます。
その中で自分が押したり引いたりしていく中である程度固まってきました。

それは「徹底的に引く」です。

巷で強いと呼ばれる人たちは皆押します。攻めます。
ですので当然横移動も増えます。

そこを狙って、徹底的に引いたのです。
先手が取れなければ、引く。
横移動を願う。
他力本願打法の完成です。

いやあ散々言われましたよ。
「それじゃ勝てない」
「何が楽しいの」

まあね、でも一応成績では勝ってましたからね。何言われても気にならないですけどね。

というわけで、自分の中では押し引きは一応完結してるんですよね。
正しいかどうかは置いといて。

ただしあくまでこれは、フリー雀荘の話。

天鳳はまったく別。
まだ模索中。



だいぶん話がそれましたが汗

そうそう『押し引きとは何か』でしたよね。

masasioの回答は「他家の捨牌、仕掛け、リーチの影響を受けた『何切る•何鳴く•リーチ判断』」です

「は?どういうこと?」

つまり、麻雀の選択のほとんどが『押し引き』だということです。


なんじゃそらって感じかもしれませんが、私はこのように考えています。

ですので押し引きがうまくなりたい≒麻雀がうまくなりたいってことになります。

押し引きがうまい≒麻雀がうまいってことになります。

押し引きこそ、麻雀において、一番難しく、答えが出ないところだと思っています。
的確な押し引きをマスターするために、他の部分はしっかり押さえておきたいなと思い、このブログを立ち上げたのです!!


ですので、もし記事を見て、「俺ならこうする」「それはない」などあれば遠慮なく仰って頂きたいです。何卒ご協力お願いいたします。


よくわからなくなりましたね…
捨牌読みに関しては次回。

今回はこの辺で!!






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。