スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀上達について2

皆様こんにちは。
masasioです。

早速前回の続きを…

前回は今の成績だと天鳳位はおろか十段にもなれないということが分かりました。

そんなの最初から分かってるって?

まあ確かに薄々は気付いていましたけどねw

ただ、どれ位の難易度なのかは確認しておいて損はないと思います。

例えば、七段→天鳳位が10%位あるなら、そこまで上達について悩む必要は無いと思います。

特に今までと大きくフォームを変えたりするのは逆効果で、かえって成績を悪化させかねません。

シミュレートしてみて、ある程度到達出来そうなら無理に変えずに、精度を上げるとか、打数たくさん打って試行回数増やすとか、そういったアプローチの方が上手くいく気がします。

今回自分の成績でシミュレートしてみて、改めて大きな改善が必要という結論を出したわけです。

まあ最初から分かってたけどな!


閑話休題

みなさんドラクエのレベル上げってお好きですか?

私はあまり好きじゃなかったんですよね。
特にボス戦の前とかのレベル上げ。

あれが嫌でしたね。

レベル上げずに勝てる方法を模索したものです。

麻雀は数少ない、レベル上げでも楽しいゲームですよね。



さてここからが本題です。

じゃあどうやったら強くなれるのか。

これはですねぇ…

ひたすら打って、修正

これしか無いと思います。

え、何それ?って感じですけどそれしかないもんはしゃーない。

どうしても修正点が分からない場合は、明らかに自分よりも成績が良い人に牌譜を見てもらって、修正点を指摘してもらうのも良いかも知れません。

ただ、あくまで修正するのは自分です。

強い人にいくら教えてもらっても、同じように打つのは不可能です。

例えるなら、そうだなあ…

すごくモテる人がいるとします。
見た目もそんなにイケてないし、なんなら自分のほうがカッコイイまである。

服も地味だし、特に会話が面白いわけでもない。

でもモテる。

そこで聞くわけです「なんでモテるの?」

多分こう答えるでしょう。
「いや、そんなにモテテるか?普通だよ、もっとモテてる人いるじゃん。別に特別な事してないよ」

「いや、モテてるよ!ちょっと俺のダメなとこ教えてよ。」

まあこういう状態ですよね。

もし、このモテてる人は女兄弟に囲まれて育ったとしたら…

この教えを請うている人が、男兄弟ばかりだとしたら…

多分一生モテる極意は得られないでしょうね。

それよりも、自分と同じように男兄弟ばっかで全然モテなかったけど、気がついたら彼女出来てたーみたいな人から話を聞いた方が100倍タメなると思います。

麻雀もいっしょですね。

もちろん強い人の意見を聞いて参考にするのはとても良いと思います。

ただ、教えてもらった事を自分のものにするっていうのは想像以上に難しいですよね?って話でした。


次回はじゃあmasasioはどこを修正するの?について。

さあいよいよ方向性が分からなくなって参りましたw

今回はこの辺で!!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その1も含めて同意するとこが多いです( ´∀`)

理論が飛躍してしまうけど、結局自分で修正したり、足りない部分に気付くこともその人の力だと思うので、それも含めて素質だったりすると思います(´ー`*)

自論ですが、強くなる打ち手はいい師がいなくても勝手にいずれ強くなると思ってます。もちろんいい師に巡り合えれば早く上達すると思うけど、いい師を探すのはすごく難しいし、いい師かどうかそもそも判断自体が難しいとも思ってます。

コメントありがとうございます^_^

いい師である=自分と打ち筋が似てるとか、そういう基準になりそうですよね。

誰かに教わるだけだと、鳳凰卓くらいまでは来れるでしょうけれども高段位にはなかなかなれないのでは無いでしょうか。

どうせなら信頼できる成績の人の牌譜を徹底的に見る。ーそれこそ1000戦単位で

この方法の方が得られるものは多いかも知れませんね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。