スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/13(水)の鳳凰卓2

皆様こんにちは。
masasioです。

今日でお盆休み終わりーという方も多いでしょうか?
まあ私はお盆休みなんてあってないようなものでしたが・・・

早速見ていきましょう。

東2局
北家
配牌

haipai.jpg

1メンツもないですが、まずまずの配牌ではないでしょうか??
345の三色が手なりで見えそう。
ドラも使いやすそうです。

せんたく

手なりで進めてこうなりました。
三色こそなくなりましたが、ドラが重なり臨戦態勢です。

ところで、ここで何きりますか??

見えてる枚数としては、

2-5p 0枚
4-7s 2枚
2-5m 3枚

です。

ここで私は安全重視でマンズを切り出しました。

本来なら、マンズ受けは絶対に切らないところなんですが・・・

理由としては

・場に安い色で待て!!

そんだけw

なので上がりにかけるなら、マンズは絶対残さないといけません。てか僕は絶対残すんだ!!

はあはあ・・
高ぶりすぎました・・

どうしてマンズ切ったかというと、ピンズは高すぎて危険ジャン??
ということなんですが・・・

4m切って、1mポン、打2m

それ以外情報がありません。

「2フーロだからテンパイ濃厚では?」

いやーそんなこともないでしょう。
むしろまだっぽくね?

対して、自分の手がクソ手ならマンズ切ればいいですけど、ドラ2のリャンメン×2イーシャンテン・・


完全に勝負手!

後で見るとこれはミスだと思いましたとさまる。

一応おまけでマンズ持ってると、後で親リー来たときの安全パイにもなっています。

おーぷん

手牌オープーン!!

2-5mは4枚残ってる。

4-7sは3枚
2-5pは4枚

もちろん枚数までは分からないし、マンズがぜんぜん残ってないこともある。

だけども後半場に出やすさは2-5mが一番出安いですよね。

やっぱり上家もノーテンか・・・
まあそうだろうな・・

今回はちょっとひより気味だったなさすがに、反省。

では何を切るかですけど、ソーズじゃないですかね?
場に安いという感じでもないし、逆にピンズ高すぎるので、ターツ落としで2枚切るのが危険な気がするので。

けっか

この局の結果は、ドラカンまでして非常に高まりましたが・・・

オナテン引き負けでした。

むう。

マンズ残していても、上がりはなさそうですが、勝負手のときは中途半端に守備を意識しないほうがよさそうです。


今回はこの辺で!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これ数日考えてたんですが...
最初はやっぱり上が聴牌とは思わないけど、ケアも含めて34mと並べるかなーと思ったんです。見た目良さそうだけど、そこまで25pや47sと大差がつくほどではないしなーと思って。
でもやっぱり考え直して、素直にソウズ切るのがいいのかなーっていうのが最近の心境です(´ー`*)

勝手な見解ですが、マンズ残す人でも切る人でも両方ともで強い人っている気がします。大事なのは【①上がまだ聴牌っぽくない、②マンズ良さそう、③終盤になるにつれてピンズとソウズの中張牌は切りにくくなる】こういう情報を正しく処理することで、それが出来て尚且つそこそこ正しく打牌にうつせる打ち手が鳳凰卓で生き残っていくのかなーと思います(*´ー`*)

コメントありがとうございます!

打ってる時は放銃ケアしてマンズ切ったんですが、見返すと違和感を感じたんですよねー。

やはり仕掛けノーテンぽいのが大きいでしょうね。これがもう少しテンパイぽい河であればマンズ以外切るのはやりすぎになるでしょうね。

ここでの選択も大事だと思うんですが、その後の選択との組み合わせが大事ですよね。

正しいかどうかは置いといて、マンズ残した場合は出あがり重視でダマにするとか、マンズ切っていった場合は受けが弱いから仕掛けやリーチにシャンテン押ししないとか。

そういう組み合わせの精度が高くないといけない気はしてるんですが正直よくわかりません笑

その場の選択に加えて、「じゃあその選択をしたならば、この後はこうした方がいいよね」的なその後の対応が肝になりそうです^_^


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。