スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/27(日)の鳳凰卓9

皆様こんにちは。
masasioです。


よく、
「せっかく書いた記事が消えてしまいましたー(泣)」
的なのあるじゃないですか。

それです。それ。

南3局
配牌です。

N3-1はいぱい

まずまず。
ラス前なので、点棒状況が大事になってきます。

トップまで13.000
2着まで 5.300
ラスまで13.000

の現在3着目

さてここで何を目指しますか?
どういった方針を持ちますか?

っていうのがかなり重要だと思います。

いわゆる「大局観」的なやつ。

これがずれてると、いくら他の部分が優れていてもなかなか勝てないでしょう。

麻雀では「麻雀の扉」の「神様のキューブ」にこの辺りのことがわかりやすく書かれていますので、もしまだ読んだことがない方は、ぜひ一度読んでみてください。

内容もさることながら、作者のぴゅー太郎さんの情熱が伝わってくる名作だと思います。

なんでこんな古い話題を持ち出したかというと、こういう大局観的な話って、仕事でも結構つかえるんですよねー。

・・・

脱線しました・・

大局観の話はさておき・・

まずは手なりで進めていきました。

なにきる

ここは1m2m落としでしょうね。
7mツモ切りに比べて安全牌1枚持てますし。

ここまで他家の捨牌もおとなしめですので、特に気にしていません。

進んで

i-syanntenn.jpg

イーシャンテン。
2枚切れの2pを切ります。

ここはラス目の現物なので2p残すのもアリかも?

ri-tida.jpg

「あれ?リーチ打つんですか??」

いやまあ、すんなりテンパイしたから・・・

「ラスに落ちないのが最優先じゃないんですか??」

まあねえ・・・

打ってるときはちょっと迷いましたが、今見るとまあリーチでいいんじゃないですかね。。
これダマで上がってもオーラス着順アップのためにはもう一アガリ必要ですしね・・

ラス目の河から「いままさにテンパイしそう」オーラがあふれてたらダマにしますけど、この河ではそこまでは・・・って感じですかね。ただ結構恐い河ではあります。

ダマにしてラス目にリーチ打たれたら、オリ確定です。
そうなるとオーラスマンツモ圏内になってしまうので、決して放銃しないだけでラスが回避できる点差でもなさそうです。

というわけで、まあリーチでしょうかね。
いやリーチ打ちます!!

2けんりーち

安定の追っかけ!

しかも一番来てはいけないところから・・・

「調子に乗ってリーチするから・・・」

いやまあここで放銃してもねまだオーラス勝負できますから!!

おりゃー

あがーり

勝った!!

下家の待ちは・・・6-9pですか。
4枚生きてる・・・

あぶねー。

リーチしてたらこういういいことも起こるんです!!
(なぜ6p単騎ではなかったのか疑問ですが・・・)

ラスを減らすのはもちろんですが、リスクを必要以上に恐れるのもまたよくないですね!!

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。