スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/27(日)の鳳凰卓1

皆様おはようございます。
masasioです。

ブログを書き出してからの放銃シーンをご紹介しようかと思っていたのですが、
たかだか40半荘でかるーく60回オーバーでしたのでやめました。(放銃率15.8%!!!)

国士に向かってるのに、字牌をかっこつけて先切りして、他家からリーチが入り、テンパイと同時に放銃・・・

なんていうレアな放銃もあったのに残念です。

では早速自戦記です。

東1局
配牌です。

配パイ

いまいち。いや、いまさん。

親が第1打發なので、ほんのすこーしケア。

進んでこう。

T19m

自分の手は悪いですが、字牌をかかえずに進めてみました。
親には一応9mがあるので・・・
手の形が決まったので、9mもリリース。

リーチには1p2pでしのぐしかないですね。

下家も自風のドラをリリースしてきました。

リーチ受け手T1

案の定下家からリーチ!

親も1p押しています。

親に通っていない8pから行きました。

親に8pが当たる可能性もあるので、固くいくなら1p2pですが、
後でリーチ入った時用に取っておきました。

親がもっと目立つ牌を切っていれば1p合わせたと思います。
この捨て牌ならノーテンのことのほうが多そうです。

結果T1


結局1000/2000ツモられ。

途中3枚使い1枚切れの3-6pでピンフを聴牌しましたが無筋は切らずに回りました。

ふむ、親はイーシャンテンでしたか。
まあそんなもんか。

配牌は悪かったですが、まあまあいい形になったので、それだけで満足です笑。

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。