スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/15(火)の鳳凰卓7

皆様こんばんは。
masasioです。

今日も1日お疲れ様です!!

さっそく続きを見ていきましょう。

南3局-2本場
配牌

N3haipai.jpg

役牌2組トイツでドラまで2枚ある。
これは上がりに向かいますね。

と、その前に点棒状況の確認です。
当たり前ですが、ラス前にしっかり確認が必要ですよ!!

東家 13.700
南家 26.800
西家 10.800
北家 46.700(私)

供託が2.000点で、本場が2本場

現状2着目の南家とは19.900差です。
対面になにか上られたら、オーラスマンツモ(4.000オール)で変わってしまう点差です。

まあ上がれるなら上がれってこったな。うん。

一番打ちたくないのは親ですかね。
12.000打ったら一発で6.000差位まで詰められてしまいますから・・・

南、中は仕掛けます。ここ仕掛けないとどうにもならないのでねぇ・・・

そんな感じで・・・

南も中も出ないままこう。

1ぴん

ここは1pでしょうね。

上家が仕掛けます。

ちー

手元のメモには「上家早そう」とあります。

どう言っていいかわかりませんが、まあ早そうですねw
打点も良くわかりません。
2.000でも積みがあるのでラス抜けですからね。

いきなりオリるとかは無いですけど、もう一回手出し入ったら危険ですね。
マンズはだいたいいけそうなんで。そこまで心配はないですが・・・

りーちされた

対面からもリーチ!!
さすがにネジがとれてる私でもオリ。

上家も6p押してます。
上家上がれー対面振れー

決着N3

念じる者は救われます。
対面から上家に横移動。

上家は5枚持ちの3-6pを押しましたね。
あたりまえですけど、めくり合いは危険牌打ってでも枚数重視が鉄則ですね。

さすが8段(なぜに上から・・・)

メンタル弱ってると押せなくなってくるので、こういう基本はしっかり押さえておきたいですね!!

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。