スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/15(火)の鳳凰卓2

7700上がっての親番です。

配牌

はいぱいT2

いまいち。

選択たーつ

親ですし目いっぱいに構えました。
全員割と遅そうな進行に見えます。

ここでターツ選択。

たーつ選択こたえ

3m三枚見えなので、カン2mに照準を合わせました。
ただし3mは2人に手出しされてるので持たれていてもおかしくないです。

上家が9p8pペンチャン落としなので7p持ってなさそうなので、少し迷いました。

実際には2mも7pも2枚づつ残りでした。

さきぎり

進んでこう。
ここは3m2枚切れだから6m先に切りました。

りーち

手元のメモには「3-6s残りならダマもあった?」とありますが、トップ目とはいえまだ東2、薄かろうがリーチですね。
赤5m引いてのテンパイならダマにしそうです。

つも

3-6sは8枚目でしたね。
5-8mは強すぎでした。

裏ドラ2枚で6000オールになってダントツになりました。

今回はこの辺で!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ターツ選択は瞬間的には7pが良さそうですけどドラ含みリャンメン変化カンチャン変化があるのでさすがにカン2m残します。これだけ発展力に差があると山読みでできる期待枚数差など吹けば飛ぶような要素に思います

コメントありがとうございます

確かに4m引いてドラ受けリャンメンになるし、普通にカン2m残しですね。
捨牌読みとか山読みの当てにならなさは異常ですので、気にしない方がいいですよね。
ただ全く考えなくてもいいみたいな今の流れには少し疑問があるので、そこは何とかうまく取り入れたいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。