スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/16、17週末鬼打ち?結果 ~紙一重のラス回避~

皆様おはようございます。
masasioです。

今日はフリーに打ちに行こうと思っていたのですが、珍しく嫁が打ちに行くというので、
留守番して天鳳打っていました。

この土日で・・

33414 12321
33144 11431
33313 34

27半荘!

いやまあこんなんで鬼打ちって言ってたら怒られちゃいますが。

8-2-11-6でポイントは変動なし??

まあラス1/4切ってるので良しとしますか。。

そんな中紙一重のラス回避があったのでご紹介。

配牌はこう

0107ラス回避

条件はぱっと出てきますか??

まずは上家と対面との差が10700点差。
下家との差が15400点差です。

「だいたい満貫だね!」

確かに満貫ならどこから上がっても、ツモでもOKです。

が、この局面天鳳でおなじみの

「西入」

が見えているのを忘れてはいけません。

下家の点数は31200点ですので、最悪1300を下家から直撃すれば、西入で延命できます。

もしくはツモ上りだと?

1000/2000・・・は足らず、1300/2600なら下家の首が切れるのでOKです。

1300/2600といえば「ピンフ」ですね?
つまりピンフを作れば最悪ツモ裏条件or下家直撃条件になりますので形は作れます。

意外とハードルは低いんです。

というわけで、ここでは1pを切りますか。
東、發は混一があるので一応残しますよね??

進んでこう

1017ラス回避

順子もできましたし、789三色の目もあります。
3枚集めないとだめな發よりもピンフのほうが作りやすそうです。

ペンちゃんひき

7pが重なって頭ができましたが、ペン7mを嫌っていきました。
これはなぜかというと、先にカン2sが埋まってしまうと、ペン7mじゃあリーチにいけませんよね?
ツモで裏乗っても駄目ですから。

そうすると結局はペン7mを嫌うことになるので、どうせ嫌うならリャンメンになりやすい3mを持っている方が得。ということです。

しかし結局裏目・・・

といってツモ切ってはいけません!!!

こんどは立派なリャンメンです。
カン2sが埋まれば今度はツモ裏条件のリーチが打てます。

そのために、9mから切っています。本来なら安全度的に8mから切ることも多いですが、今回は9mから切るのが正解になります。

さらに進んでこう。
いよいよクライマックスです。

どうする

カン2sがピンズターツに振り替わり、ドラも使えるか??といったところで、目論見通り9mつもでテンパイ。

さあどうしましょ。

・第一の選択
カン4pでリーチ


この手を現状で一番高くするには、カン4pでリーになります。

ラス回避or西入りできる条件は・・・

1、上家、対面から出上がりで裏ドラ2枚。
5200直じゃあ変わりません。
裏ドラ2枚と言っても順子ばかりなので、表示牌が6pの時だけ条件を満たします。

うーん限りなく可能性は低いので、これなら倒さずに親のテンパイにかけたほうが良さそうです。

2、下家からの出上がりはOK

文句なしに西入します。・・まあもし4pが「出れば」ですが。

3、ツモの場合は裏1で西入り。

こんな感じですね。

続いて第2の選択
手変わり待ち


カン4pでは最悪の待ちです。しかもそのうえ裏がいるなんて厳しい!

・・・というわけで6p、5p、7p、6mなどの手変わりを待ってリーチに行こうという作戦。

え?もしツモッちゃったらどうすんのって??
そのときは8sとか切ってフリテンリーチですよ!ツモればピンフなのでOKです。

しかし、手変わりも豊富にあるわけではありません。
巡目的にも待つのはギリギリって感じです。

じゃあどうするのかって??
第3の選択肢1-4pリーチ!!


りーち!!


フリテンじゃないかって?そうです。それでいいのです。

思い出してください。カン4pでリーチしたとしてどうせツモ裏です。
デメリットは下家から4p出た時だけですが、4pは相当出にくい牌なのは間違いないでしょう。

どうせ裏がいるなら待ちが多い方でリーチするのが当たり前ですよね??

というわけでカン4pリーチよりはフリテンリーチのほうが優秀なのは間違いないと思われます。

最後に手変わり待ちとの比較ですが、肝心なのは手変わってさらに条件を満たすように「上がらないといけない」ということです。
2段階の抽選が必要ですね。

対して1-4p即リーも「ツモ」「裏ドラ」の2段階抽選です。

どちらが起こりやすいか・・・?

難しいですが、私は即リーのほうが優位だと思います。

ここまで偉そうに書いたということは・・・?

ラス回避結果

はい。

無事西入してなんだかんだで・・・

おめでとう

100点差のラス回避。

まあ当然と言えば当然なんですけど、針の穴を通した様な気持ちの良いラス回避となりました。

たまにはドヤ記事もいいねw

実際条件満たす際にピンフが絡んでくることが多いので、フリテンを恐れずに打ちたいですね。

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。