スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特東昇段戦自戦記

皆様おはようございます。
masasioです。

いやーかなりの期間放置しておりました。
更新がないにも関わらず、お越しいただいた方、ありがとうございました。

「月に何回かは更新するのではなかったのですか?」

「いやあ・・なかなか書く気が起こらずに・・・すみませんでしたm- -m」

今後もマイペースで更新していきたいので、何卒よろしくお願いいたします。


では早速自戦記へ

特東でコツコツポイントをためて昇段戦へ・・・
まあコツコツといっても、確変で爆勝ちしただけですが。

3月は特東のみで、39-21-22-19
+850pt稼いで昇段戦を迎えました。

まあ勝つときはこんなもんでしょう。

トップ条件でしたが、焦りは禁物。
無理にトップを狙うことないようにだけ意識しました。

東1局

特東昇段

配牌はこう。

役牌トイツで1メンツ。上がりやすさはかなりのものですが・・・

特東で何戦か打った経験上、この白は鳴かないことに決めていました!

守備意識??

いいえ、この手なら先手は取れそうなので、上がり切ることも守備になりますから。

なぜ鳴かないかというと、端的に「打点」です。

打点?東風戦で打点というとピンと来ないかもしれないですね。
私も初めは、東南戦よりも仕掛けを早くして、安い手でもとにかくテンパイ目指して打っていました。

しかしですねえ・・それをやっててもいまいち感触が悪かったんですよねえ・・・
というわけで少し打点を意識するようにしたというわけです。

この辺のところは特東攻略みたいな感じで書いてみようかな・・・(また書く書く詐欺ですか・・・)

この曲は白がアンコるも、上家から下家へ2000点横移動。

東2局
t2特

「打点ってことはこの南も鳴かないのですか?」

「いいえ、この南は鳴きます。ドラ1あるし、混一もあるので。第1打6pもあるけどなあ・・・」

特t2リーチ

下家からリーチで完全撤退。
愚形ドラ1イーシャンテン程度では押せません。

点棒状況も大事。

2000点差ですが、ラス目の親。ということはリーチ者がツモればさらに点差が開くということです。

最も親かぶりで開く点差なんてたかが知れていますが、降りててもラス目と点差が開く可能性があるなら悪くない話でしょう。

結局上家から下家へ2600横移動。

ちなみに残りツモ3回で、白頭のケイテン2シャンテンからの放銃でした・・

東3局
原点で同点2着で迎えた親番。

天鳳的には、同点2着ではなく、3着目と認識しないといけません。

先ほどとは逆で、ここで2000/4000親かぶりすると、今度は上家に2600でちょうど捲られてしまいます。
もちろん放銃もいけません。

つまりここはかなりの正念場といえます。

自分のアガリ意外で嬉しいのは、下家の出上がりですかね。
特に対面から5200とかだと最高です。

現状誰も30000点を超えていないので、誰かに30000点越えてもらったほうが局面が分かりやすい気がします。

特t3

超手なりに打って、9mツモで打つ2sの2シャンテン戻し。

これは打点というよりも、食いタンも考えてのことです。
目いっぱいの5pでも悪くないですが、リーチ棒出すのを少し惜しみました。

5p単騎の12000テンパイ入るも上家から対面に1000点横移動。ぐぬぬ・・・


東4局

特t4

5200上がればトップ終了ですが、この配牌。

今度の北は鳴くつもりでした。

「え?1000点上がっても状況変わらないですよ?」

確かにそうなんですが、上家3000/6000ツモや、親に5800放銃の即終了があるので、上がれそうなら仕掛けます。

9sぽん

ペン3mが7mトイツに変わってさらに形よく。
バックで仕掛けます。

7mもポンしてテンパイしましたが、対面から上家へ1000点横移動。

どんだけ小場なんだよ・・・

というわけで南入!

南1局

特ん1

気分は「早く下家上がってよ」でしたが、ドラ3あれば自分が何としても・・・と思いますよね?
天鳳だと大体罠なんで、前のめりにだけはなっちゃいけませんw

特1p

今7sツモってこう。
タンヤオ+端っこで上家ケア・・・だったんですけど、2p引けばイーペーコーあるし、さすがにまだノーテンポイので素直に2sのが良かった。

特あわせ

ここで6sを3sに合わせてますが、ここも9p今のうちが良かった。

オリて良しの局面なら何も問題ないんですけどね。

特7m

結局7mスルーして、4s引いて2m切って迂回・・・
確かにテンパイしてるとすれば危ないところですが、まだテンパイはしてなそうですよね?(上家の手出しが自分で鳴いてる7mというのもある)

かなり弱気になってるかな・・・

しかしここで対面が3sチーして打7p!

これはそこそこテンパイしてそうですね。

5800打てば即ラスなので、このチーを見て、オリくらいがいいと思います。

結局対面の一人テンパイ。

南1局ー1

さっきの一人テンパイは実はそんなに痛くなくて、30000点に近い人が2人になったので、「大体3着で終われるかな」とは思ってました。

特N1

この配牌が・・・

こう

テンパイですが、リーチは打ちません。

筋だけどダメです。

なぜなら、

・今なら3900打てる、リー棒出すとダメ
・対面、下家は8000打ってもラスらない、押してくる
・自分上がっても終了しない

こんだけ条件そろえばダマでしょう。
結果は300/500ツモ。

南2局


ここは修羅場。
親4000オールで即終了なので。
全力で蹴るところですが、誰でも上がれる裏裏の3000/6000でトップ!!

無事昇段することができました!!

長くなりましたが、それだけ嬉しかったってことですw

鳳凰卓の皆様、同卓の際はよろしくお願いいたします!!

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。