スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何切るの使用法 その1

皆様こんにちは。
masasioです。

台風はまだ来てないみたいですね。
明日は町内の運動会なんですが、中止にならないかなー・・・

さて今回は何切るについてです。

今は便利な時代で、ツイッターなどで高段位の方に気軽に聞けて非常に雀力の向上に役に立ちますね。

しかも他家の捨牌も全部分かるし、手出しツモ切りまで全部わかると言う優れもの。

もう「状況による」なんて言い訳も出来ないのです。
世知辛い世の中ですね。

前回の記事の私の手牌を例に出して見ましょう。

3-6m

「これリーチしますか?」

みたいな質問よく見かけますよね?

この手牌について、yu-----u様がコメントをしてくださいました。

「3~7待ちの完全ノーヒントの満貫テンパイは曲げる事が多いですね。」

とのこと。

私もリーチしたので、「同じでよかった」と思わない事もないです。

ツイッターとかでよくある返事が

「ありがとうございます!リーチでよかったですね!」

見たいな感じですよね。

でもちょっと待って見てください。

この手牌でそれだけの結論で終わらせるのはもったいないと思いませんか??

打牌の選択基準はいくつかあります。

1、自分の手牌
2、点棒状況
3、残り局数


ここまでは絶対外せない部分ですよね。

4、巡目
5、他者の捨牌

これも必要です。

リアル麻雀だと他に

6、メンツの傾向

なーんてのもありますね。

で、この5つの条件と言うのは非常に再現性が少ないと思うんですよね。

「この手牌だとリーチでいいんだ」と結論付けてしまった打ち手は、
「次似たような局面になったら、リーチ打つぞ!!」って思うでしょう。

ただ、似たような局面はあるようで、そんなにないです。

5巡目のリャンメン満貫テンパイ。

これくらいなら2~3半荘に1回くらいはあるかな?

そのとき自分がラス目なのはさらに約1/4
東3局なのはさらに約1/8

これだけで約80半荘に1回です。

(だいぶん乱暴な計算ですが・・)

ラス目といっても点差はまちまち。
全員5000点以内のラス目と断ラス目では打牌選択は当然違ってきます。

それに他家の捨牌や自分の手牌(手替わりのあるなしなど)まで考慮した日には、「似たような局面」と判断できる局面なんてほとんどなさそうじゃないですか??


「じゃあ、何切るとかって意味ないっていいたいの!?」

いやそうは思ってないです。
どういう選択をするか他人に聞いたり自分で考えたりするのはいいことです。

そこで記事タイトルの「使用法」につながるのですが・・・


時間が無いので、次回に続きます。

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

続きの展開が気になる・・・( ´∀`)

最近は研究というか本の影響というか、なんかやたら場合分けしたがる傾向が強い気がします。
大雑把な場合分けは初心者に教えるには便利だけど、それだけじゃ麻雀語れませんよね(*´ー`*)

コメントありがとうございます!

そんなたいした話ではないです^_^
麻雀の場合、場合分けが難しすぎますよね。

さあ頑張って続きかこう…

もしもその他の条件が同じで、どれくらいオーラスに近ければリーチ有利か、ダマとリーチの境目は南何局?もしもその他の条件が同じで自分の持ち点だけが違うとすればダマとリーチの境目は何点持ち?というように一条件だけ変えることを繰り返して神様のキューブをある程度つかむ。が続きの内容とみた!!

コメントありがとうございます!

書くことなくなったんで笑
次記事でコピペします笑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。