スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/7(日)の鳳凰卓4と麻雀の鉄人~鉄人再誕~

皆様こんにちは。
masasioです。

今日は終日事務所で仕事なので、まったり観戦でもしながら仕事をしています。

今日はリアトラも開催されてるみたいで、麻雀日和ですね^^

そしてもう一つ、

鉄人再誕PV

こちらも注目。

企画自体が面白いのはもちろん、今回は成岡明彦選手が参加されるとのことで、
これは生で観戦したいと思います。

あまり露出が無い選手ですが、10年来のファンなのでとても楽しみです。
成岡選手がA級に上がった頃の101マガジンは全部読みました。

「若い頃は多少はビッグマウスだったんですけど、認められるようになったらビッグマウスをいう必要もないんで。」

仰る通り。

A級に上がった頃は結構たたかれてたんですよねー意外ですけど。

「こんなんでA級では通用しない」
「成岡リーチ」

など。

それでも結果を出してきたのはすごいの一言。
今日は楽しみです。

さて自戦記の続きです。

東4局

2着目で上がりたいですけど、この配牌じゃあ引き気味に打ちましょうかね。。。

T3.jpg

ここからはまだ何も鳴かないつもりです。

T3kekka.jpg

速攻上家からリーチが入って、ほどなくツモられ。
宣言牌の3pはチー出来ますが、さすがに鳴きません。

で、南入

N1.jpg

ターツの種はそろっています。
ドラ表示牌に発が1枚見えているので、迷う必要なくポン。

これが1枚も見えて無くても、この手牌、点数状況なら1枚目から鳴いたほうがいい気がするけど、
放銃を極端に怖がると鳴けないので注意せないかんなー


N1kekka.jpg

というわけで、鳴ける牌は全部鳴く決意でテンパイを組むも下家のリーチが入り、あっさりツモられ、
裏も乗ってハネ満!!

トップに差をつけられましたが、実はそんなに痛くない。
そもそもなぜ全力で仕掛けたかというと、ラス目の親番だから。
ここさえしのげば、ラスになる確率はぐぐぐっと減るので、ある意味勝負どころですよね。

その辺も踏まえて、ソーズのターツ選択。
1s2sのペンチャンと6s8sのカンチャンも本来なら親の現物が残るように6s8sを切りたいところですが、
リャンメン変化の残る1s2s切りをチョイスしてみました。

6s切って3sの出に期待するのもありますので、大差はないかと思います。

んで下家のリーチに対してどうするか?

現物1枚、残り無筋13本

まあとりあえず押すしかないか。。

ラス目の親番蹴れるから放銃もそんなに絶対NGって感じじゃないけど、
マンガン打ったらラス目と10000点圏に近づくので打って良しとまではいえませんよねえ。。

安全牌が出来ればオリたいですね。

本譜は悩むこともなくあっさりツモられ。

この半荘はみんなやけにあっさりツモるな・・・

これであとはトップをまくる事に専念できます!!

着順と展開を意識して打ちたいですね。
不調のときは、何でも自分中心になってしまって、展開に任せたり、
他家から見た視点がなくなってくるので、気をつけたいと思います。

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PV今観ました。
成岡プロの400700ウケたw

ネタがなかったので、この記事の3pチーせずをヒントにさっきのエントリーを書きました。


それにしても対面のオーラが半端ないですね!

コメントありがとうございます!

101といえばZEROさんは橘高さんと面識があるんですよね??
昔はフリーとかでもツモロンの発声する人ちらほら見かけましたけど最近は全然見ませんねえ。

トイメン空気でしたやん!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。