スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28(火)の鳳凰卓 オーラスの戦い

皆様こんばんは。
masasioです。

絶賛鬼打ち中ですが、ちょっと打牌が雑になってきたので休憩がてらブログを更新します。

前回は、2フーロや親に対してオリてうまくいった局面を・・・などと書いたのですが、

なかなかいい牌譜がなかったので、今回はオーラスの状況判断について。

いうまでもなく、オーラスに近づくにつれて、状況判断はシビアになってきます。

オーラス、ラス前あたりは東場とは明らかに違う選択も多くなってくると思います。

まずはトップ目のオーラス。

自分が親なのでこれが最終局。
これは大きいですね、次局の事を考えなくても良いので。

オーラスのテーマ

まずラス目との点差は26.200点。
自分がリーチ棒出してハネ満打っても大丈夫。
99%ラスは無い。

こんなオーラス一日にそう何回もあるもんじゃないですね。

続いて、3着との点差。
16.400点。
満貫放銃はセーフ。リーチ棒が出てたらダメ。

2着との点差は、
7.000点ですね。

条件パッと出ますか??

1.300/2.600か3.900直です。

さあ条件確認も終わったし、どう進めていきますか?



・・・と思うじゃないですか?


まだですよね?

他家の条件も確認しておかないといけません。

天鳳において、特にオーラス他家の動向は一番大事!!
あ、一番かどうかは適当です(爆

まずはラス目。
ラス目のオーラスの目標は?

そう、「ラス抜け」

まあこの状況だと、フリーでもラス抜けを目指すしかないでしょうね。

ラス抜けの条件は?

「満ツモ、出ハネ、5.200直」

です。

つまり、ラス目が私から「ロン」する場合はハネ満の可能性がある手だと言う事です。

逆に、鳴いて満貫の手や、ドラドラリーチに当り牌を切っても当たってはくれませんね。

また、ラス目にアシストをしたいですが、最低5.200いるので、何でもアシストと言うわけにはいきそうにないですね。

次!!

3着目はどうでしょう?

ここは結構悩みどころです。

ラス目に満ツモでラス落ち、自分満ツモで2着。

この方は八段なのでラスだと-150pt
2着は+45pt

これを踏まえると、無理に満ツモ作ってくるってことは無いでしょう。

ポンチーして1.000点みたいないわゆる「ラス回避」の上がりも普通にありそうです。

最後に2着目。
ラス目にハネ満放銃だとラス落ち。
まあ実際にはそうそう無いですね。

ここが一番前に出てきそうですか。

現状+45pt
トップ+90pt
3着に落ちると±0pt

かなりシンプルに考えられそうです。

とまあここまでは配牌をとりながら考えてないといけませんね。

オーラスのテーマそに2

進んでこう。

実際打ってるときは、「どこまで行こうか・・・」と悩んでいたんですが、今見返すとここもかなりシンプルに押し引き出来そうですね。ただリーチはちょっと打ちたくないですけど、6m引いたら2-5pでリーチですかね。

うん。巡目にもよるし、他家の動向にもよりますけど、基本的にはリーチでいいでしょうね。

根拠は・・・

リーチ棒を出す事でのデメリットはいくつかあります。

可能性として大きいのは、「上家のリーチに対して満貫放銃で3着落ち」でしょう。

しかし上家は12.000放銃するとラス落ちするので、そうかんたんには向かってこれないはずです。

現状:±0pt
満直+90pt
満ツモ+45pt
親満放銃-150pt

うーん。
こうやって整理すると、向かってきてもおかしくは無いか。。
トップ目リーチだから、基本役無しなので、12000の可能性は低くなるのも加味すると、満貫見えれば素直に押してもバランスは取れてそうですね。

ただ、実戦的には、この点数でラス落ちのリスク取って攻めてくる人は少ないかもしれません。

オーラスリーチに』どこまで行く

結局対面が、上家に8.000放銃でめでたくトップ終了。

これも、リーチ入ったときに「どこまで押そうかなー・・・」と考えていたんですけど、巡目と安牌の枚数的にしばらく押しでいいですね。

リーチ赤々の5.200なんてのを放銃してトップ!!ってこともありそうですし。

むしろ打ってるときはオリ優位だと思ってましたが、とてもオリ切れないですね。

オーラスの判断は非常に重要なので、日頃から訓練しておきたいです。

今回はこの辺で!!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。